海外携帯電話とSIMカード  
海外携帯電話とSIMカードのポータルサイト

2007年05月30日

●Nokia 3250




動画共有サイト「YouTube」で公開中の動画です。 記事内の記載と動画の内容は異なる場合があります。

Nokia 3250は、音楽再生機能に特化したミュージックケータイです。

この端末の特徴は、180度回転するキーパッド部分でしょう。
携帯電話として使うときは、ダイヤルキーが配置されたキーパッドを手前に向けて使用しますが、音楽プレーヤーとして使用するときは、キーパッド部分を180度回転させて音楽専用のボタンが配置されている面を手前に向けて操作します。
まさに音楽を聴くためのケータイといったところでしょうか!

電話の着信時に再生中の音楽を一時停止し、終話後に再生することもできます。
3.5ミリジャックのヘッドフォンに対応しているところも見逃せないポイントです。3.5ミリジャックのヘッドフォンに対応している機種はほとんどありません!

最大1GBのmicroSDカードに対応!
しかも2MPのカメラを搭載しています。首フリのボディーはここでも活躍しそうです。

さらに、OSはSymbian 9.1でSeries 60プラットフォーム対応となかなかのハイエンドぶり!

続きを読む

2007年05月29日

●Nokia 3220




動画共有サイト「YouTube」で公開中の動画です。 記事内の記載と動画の内容は異なる場合があります。

Nokia 3220は、auグローバルエキスパート推奨の格安3バンドケータイです。

お客様からお問合せの多かった「Nokia 3220」です。
auの推奨機種の中では、低価格のものですので人気商品になるのは時間の問題でしょう!

特徴は、取り外し可能なカバーを採用しているデザインです。
若者をターゲットにした端末ですね。
面白い機能もっています。
オプションのカバーを装着し、専用のアプリを起動させた後、端末をもって手を振ると、空中にメッセージが浮かび上がるようです。
上手にメッセージを浮かび上がらせるには練習が必要ともいわれています(笑)。

日本ではご使用いただけませんが、海外ケータイの魅力を肌で感じられる端末ですね。
日本のケータイにはない遊び心が満載です。

USBもサポート。
30万画素のカメラも搭載し、EDGE、Emailにも対応しています!

続きを読む

2007年05月28日

●Motorola SLVR L72



Motorola SLVR L72は、4バンド対応の薄型ストレートケータイです。

日本と韓国以外の国でご使用いただけます。

SLVRと言えば、L6i、L7が有名ですが、その後継機となります。
薄型のメタリック仕様が特徴で、頑丈なボディーがいい感じです!

同じ4バンドのL7と比べると、L72はかなりハイスペックに仕上がっています。

200万画素のカメラを搭載し、 microSDに対応!
さらにEDGEにも対応し、高速通信が可能になりました。
Bluetooth・USBをサポートしています。

L7は少し丸みを帯びたデザインでしたが、このL72は少し角ばったように見えます。
ガッチリ感が増しましたね!いい感じです。

続きを読む

2007年05月26日

●ヨーロッパのケータイ事情


Vodafone.jpg
欧州は面積&人口から考えても、その携帯市場は世界的に巨大かつ複雑なものです。

たとえば、人口総数は4.5億人とアメリカの1.5倍規模で、国が25ヶ国(※EUのみ)、かつそれぞれの国の中にキャリアが3~5つほど存在しています。 つまり欧州だけで単純に計算しただけでも約60ものキャリアが存在している状況です。

続きを読む

2007年05月25日

●LG KE850 Prada




動画共有サイト「YouTube」で公開中の動画です。 記事内の記載と動画の内容は異なる場合があります。

“The PRADA Phone by LG”「KE850」は、大画面タッチパネル搭載のブランドケータイです。

お待たせしました。
様々なメディアで話題になっていたブランドケータイが遂に登場しました!
Motorola RAZR V3iのドルチェ&ガッバーナもブランドケータイですが、この「KE850」は開発段階から携帯メーカーと有名ブランド会社が手を組んだ端末です!
オリジナルの端末が無い分こちらの方がよりブランド色が強いと言えますね!!

LG Electronicsとイタリアの有名ブランド「PRADA」が共同開発したケータイです。
従来のブランドケータイとは違い、「大衆でも手が届く贅沢品」がコンセプトになってるケータイです。
日本でご使用いただけないのが残念です!

特徴は、3インチの大画面タッチパネルディスプレーです。
ダイヤルキーを完全に無くし、主な操作は全てタッチパネルで出来るようになってます。
滑らかに動くアニメーションを採用した表示画面は、LGとPRADAが共同開発したオリジナル機能で、気持ちよく快適に操作できます。
他にもオリジナルの着メロや内蔵コンテンツを搭載していますので、ブランドにこだわるユーザーにはたまりませんね!また、「PRADA」のロゴが本体に刻み込まれており、高級感を演出しています!

200万画素のカメラは、ドイツのレンズメーカー「Schneider Kreuznach」(シュナイダー)を採用しており、こだわりがうかがえます。
microSDを搭載しており、Bluetooth・USBをサポートしています。
BluetoothはA2DP対応ですので、無線で高音質の音楽を楽しめます。

続きを読む コメントを書く

●Nokiaが、中国へ25億ドル相当の製品供給!?




Nokiaが中国の大手携帯電話販売事業者である、China Postel Mobile Communication Equipmentと関係強化しているようです。

おなじみNokia(フィンランド)と、China P&T Appliances(中国)の子会社で携帯電話販売を手がけるこの会社は現地時間5月11日に次のような発表をしました。

続きを読む

2007年05月24日

●Sony Ericsson K310i




動画共有サイト「YouTube」で公開中の動画です。 記事内の記載と動画の内容は異なる場合があります。

日本語の簡易マニュアル付きです。

Sony Ericsson K310iは、3バンド対応の格安人気ケータイです。
K300の後継機です。

Sony Ericssonの3バンド対応ケータイの中では一番安いです。
格安の端末ですが、機能的には中堅クラスといえます。
GPRSに対応していますし、赤外線通信・USBにも対応しています。
また、E-mailに対応していて、その他のメール機能も充実しています。
カメラもVGAのものを搭載!Sony Ericssonは、カメラには手を抜きません!
音楽ファイルもMP3/AAC/MPEG4をサポートしていて卒の無い仕上がりだといえます。

ストレートでコンパクトなところもポイントだと思います。

中堅機のカメラ付3バンドとして費用対効果のいい携帯電話です。

続きを読む コメントを書く

2007年05月22日

●Sony Ericsson K320i



Sony Ericsson K320iは、ビジネス機能強化のスタンダードケータイです。

人気機種のSony Ericsson K310iとの違いは、Bluetoothへの対応です。
このK320iはBluetoothに対応しています。
K310iはユーザーを選ばない、低価格の標準モデルですがそれをちょこっとビジネスモデルに機能アップさせたところでしょうか。
パソコンとの同期も得意のようです。

ディスプレー周りのデザインもこちらの方が、凝ったものになってます。
このクラスのケータイは多数ありますが、K320iはK310iと並んで人気がありますね。

外部メモリーには未対応だが、メール機能は充実しておりBluetooth・赤外線通信・USBもサポート。
MP3も聞けて、30万画素のカメラを搭載!

目立った特徴はありませんが、ずっと使える飽きの来ない端末だと思います。

続きを読む

2007年05月21日

●Sony Ericsson Z530




動画共有サイト「YouTube」で公開中の動画です。 記事内の記載と動画の内容は異なる場合があります。

Sony Ericsson Z530iは、3バンド対応のミドルクラスのケータイです。

Z520の性能を継承したモデルです。

特徴はバランスの取れた機能でしょう。ミドルクラスをお求め方にオススメの商品ですね。
折りたたみ式で、外部に大きなセカンドススプレーが付いています。

小型、軽量ながら、外部メモリにMemory Stick Micro(M2)が対応しています。MP3,midiをサポートしていますので、ミュージックプレーヤーとしても機能も持っています。
メール機能も充実しており、SMS,EMS,MMS,e-mail,Instant Messagingに対応しています。
さらに、Bluetooth・赤外線通信・USBをサポートしており、3バンド対応機種でもこの3つをサポートしているのは限られてきます。小型でかわいい見た目とは違い、なかなかタフな一面も持っていますね。
また、VGAのカメラ、RSSリーダーも搭載しています。

続きを読む

2007年05月19日

●Sony Ericsson W300i




動画共有サイト「YouTube」で公開中の動画です。 記事内の記載と動画の内容は異なる場合があります。

Sony Ericsson W300iは、北米・南米にも強い4バンド対応のウォークマン携帯です。
また"ウォークマン"ブランドであるWシリーズでは初の折りたたみ型のケータイになります。

コンパクトでシンプルな外見から一見3バンド対応ケータイなのかなと思いきや、4バンド対応と意外な一面を持っています。

音楽ファイルはMP3とAACに対応しています。
やはりウォークマンケータイというだけあって、音楽再生時間は最大30時間ときました。
音楽再生にはシャッフル機能が付いており、ランダム再生に対応しているようです。

さらにFMラジオ・RSSリーダー・Bluetooth・赤外線通信・USBポートも搭載と、よく見ればハイエンドモデルのケータイですね。メール機能も充実しています。

VGAのカメラも搭載しています。

続きを読む

2007年05月18日

●Nokia 5070




Nokia 5070は、若者をターゲットにした低価格の3バンドケータイです。

見たことあるデザインだなと思ったらNokia 6070によく似ています。
スペック面も6070に似ています。6070と比べるとよりカジュアルなケータイですね。
若者をターゲットにしているのも分かります。

特徴は、低価格であることと、メッセージ機能の充実でしょう。
メッセージ作成に必要な操作が少なく、数回のキー入力で電話帳にアクセスできるのがポイント!
この価格でE-mailに対応しているのもいい感じです。

6070と同様、EDGEに対応しており、高速データ通信ができます。
また、Webブラウザ機能やFMラジオを搭載し、カスタマイズにも優れているとのこと。

30万画素のカメラを搭載し、赤外線通信・USBをサポートしています。

スペック的には6070と同等と考えてもいいかもしてません。

6070がビジネス向きで、デザインもちょっと堅苦しいのに対し、この5070はカジュアルで親しみやすいケータイといえるでしょう。

続きを読む

2007年05月17日

●Nokia 5700



Nokia 5700は、音楽機能を強化した3Gスマートフォンです。

面白いケータイが出ましたね!
Nokia 3250の後継機だそうです。しかし、見た目はNokia 5200/5300にそっくりです。
上記の機種を1台にまとめ、3Gに対応させたというところでしょうか。
日本でもご使用いただけます。

スマートフォンなのに、3G端末なのに・・・、音楽がメインなんです !?
端末の下部をひねることで、音楽プレーヤー/200万画素のカメラ/テレビ電話/スマートフォンの4つのモード間を切り替え可能!

音楽専用チップを搭載しており、CD並みの音質で約1500曲が収録できるようです。
また、2.5mmのヘッドフォンジャックにも対応!手持ちのヘッドフォンが使えます。
microSDに対応しておりBluetooth(もちろんA2DP対応)・赤外線通信・USBをサポート!

OSはSymbiaを搭載してますので、スマートフォンです。

カジュアルなデザインは、若者をターゲットにしているのでしょうか。

続きを読む コメントを書く

2007年05月16日

●Sony Ericsson K750i




動画共有サイト「YouTube」で公開中の動画です。 記事内の記載と動画の内容は異なる場合があります。

Sony Ericsson K750は、カメラ機能が充実した3バンド対応のデジカメケータイです。

特徴は2MPのカメラですね。
非常にきれいな写真が撮れます。写真だけではなくビデオ撮影もできます。
端末のデザインもデジカメを意識したつくりになっています。背面のレンズカバーが特にデジカメのレンズカバーのようです。PCと同期してアルバム作成も簡単に出来るようです。

また、FMラジオを搭載し、Bluetooth・赤外線通信・USB対応とマルチメディア以外の機能も充実!

写真がキレイに撮れる3バンド対応で、ビジネスにもちゃんと対応出来るケータイが欲しい!と言う方には、値段もお手頃ですのでオススメの1台と言えます。

K750の上位モデルにSony Ericsson K800 というモデルがあります。
K800は、サイバーショットケータイと言われている本格的なデジカメ機能を搭載し、かつW-CDMA対応のハイエンドモデルです!

続きを読む

2007年05月15日

●Motorola RAZR V3x




動画共有サイト「YouTube」で公開中の動画です。 記事内の記載と動画の内容は異なる場合があります。

Motorola RAZR V3xは、デザイン性に優れた低価格のW-CDMA対応ケータイです。

このV3xは、GSM協会主催の2006年「携帯オブザイヤー」第3世代携帯電話部門の最優秀賞を受賞しています!デザインもいいし、低価格で高機能とくれば誰でも欲しくなりますね。

現在NTTドコモから販売されている「M702ig」の海外モデルになります。
海外モデルですが、日本国内でもご使用いただけます。

海外で人気を博したMotorola RAZR V3の流れを汲んでいるケータイで、文字パットはV3とほとんど同じつくりです。V3xはダイヤルキーにシリコンゴムを採用しているので、快適にボタン操作ができます。

着信音にはMP3を設定できるようになっていますので、お気に入りの曲を着信音にセットできます。
低価格なのに、2MPのカメラを搭載しています。従来機よりもきれいな画像を撮影できます。

microSDに対応しており、Bluetooth・USBをサポートしています。

続きを読む コメントを書く

2007年05月14日

●Nokia E65




動画共有サイト「YouTube」で公開中の動画です。 記事内の記載と動画の内容は異なる場合があります。

Nokia E65は、NokiaのEシリーズ初のスライド式ビジネススマートフォンです。

日本でもご使用いただけます。

Nokiaは、“Eシリーズの第2のウェーブ(波)”として新機種を投入してきました。
「ビジネススマートフォン」というカテゴリーで法人市場にアプローチしているようです。
スマートフォンですが、通話やメールで主に使用するビジネスマンをターゲットとしています。
同Eシリーズでは「Nokia E61」が有名で人気ですが、カメラは搭載されてませんでした。
E65には2MPのカメラが搭載されています。

OSはシンビアンを搭載し、Bluetooth・赤外線通信・USBもサポートしています。
また、microSDカードを採用しています。

マイクロソフトのオフィスアプリケーションファイルを閲覧・編集機能や、無線LAN対応とスマートフォンとしての基本は取り揃えていますね。
MP3プレーヤーも搭載していますので、若干ビジネスマン以外もターゲットに含めているのでは?

続きを読む コメントを書く

2007年05月13日

●Motorola RAZR V3i




動画共有サイト「YouTube」で公開中の動画です。 記事内の記載と動画の内容は異なる場合があります。

Motorola RAZR V3iは、音楽機能が充実している超薄型のデザインケータイです。

日本と韓国以外の国や地域で電波の継ぎ目を気にすることなくご使用頂けます。

Motorola の人気シリーズ「RAZR」のニューモデルです。
V3から継承したこのデザインが人気を呼んでいます。
V3で完成しているデザインは残しつつ、内部ソフトや周辺機能の強化に力を入れだしたという感じですね。さらに、後継機種として「Motorola RAZR V3xx」が登場しています。こちらは、日本や韓国を含む全世界(※一部南米地域は使用不可)でご使用いただける端末です。

Motorola RAZR V3との主な違いは、カメラの性能と外部メモリーへの対応です。

このV3iは1.23MPのカメラを搭載しており、microSDカードに対応しています。

Bluetooth・USBもサポートしています。

続きを読む

2007年05月12日

●Nokia N76




動画共有サイト「YouTube」で公開中の動画です。 記事内の記載と動画の内容は異なる場合があります。

Nokia N76は、ネットや音楽が充実した薄型の折りたたみ式スマートフォンです。

日本でもご使用いただけます。

特徴は「ハイスペックで薄型」ということですね!
従来の「Nシリーズ」は高機能な分、分厚いものが多かったのですが、とうとう薄型が登場しました。
Motorolaの薄型ケータイ「V3」よりも薄いんですからビックリです!
折りたたみ式のデザインは日本向けの印象を受けます。
色合いも従来機とはちょっと違う感じですね。

3.5mmのヘッドセットジャックを搭載!
ケータイを開かなくてもFMラジオ、音楽を楽しめて、音量調整まで出来るようです。200万画素のカメラを搭載。
microSDに対応しBluetooth・USBをサポートしています。
なぜ赤外線通信に対応していないのかが疑問ですが、薄型設計には仕方ないことなのかも・・・。

ネット活用面では、AmazonやYahoo!の検索、Flickrなどの写真共有サービスが利用できるようです。
続きを読む コメントを書く

2007年05月07日

●Sony Ericsson K810



動画共有サイト「YouTube」で公開中の動画です。 記事内の記載と動画の内容は異なる場合があります。

Sony Ericsson K810は、カメラがより強化された最新のサイバーショットケータイです。

日本でも使用できるサイバーショットケータイです!
Sony Ericsson K800の後継モデルですね。
K800よりも待機時間が長いうえに、音楽機能も強化してきました!

最も特徴的なのが「キセノンフラッシュ」を採用していることです。
キセノンフラッシュはハイパワーのフラッシュで、暗闇での撮影で威力を発揮します!

テブレ補正のソフトを搭載しており、有効画素数は320万画素!
連続撮影した9コマの中から最良のカットを選べる機能や端末上で写真編集ができる機能は本格的! 写真にこだわりを持つユーザーも納得できるでしょう。

外部メモリーにはメモリースティック・マイクロ (M2)を採用し、Bluetooth・赤外線通信・USBもサポートしています。
BluetoothはA2DPに対応しているので、無線で高品質の音楽も楽しめます!
さらにRSSリーダーも搭載してきました。 K800とはここが違う!

弊社で取り扱っているサイバーショットブランドの最上位モデルです!

続きを読む コメントを書く

2007年05月02日

●Panasonic VS6



Panasonic VS6は、 バランスのとれた3バンド対応ケータイです。

日本語マニュアル付きで、海外ケータイを始めて使う方でも安心できる機種です。

特徴は、大きめのディスプレーです。1600万色のディスプレーを搭載しています。
非常に高精細なディスプレーですので、カメラで撮った画像の表示もとてもキレイです。

2MPのカメラを搭載し、Bluetooth・赤外線通信・USBをサポートしています。

「欲しい!」と思う機能に力を入れ丁度いい感じのケータイですね。
バランスが取れていて、日本人受けしそうなケータイです。
人気機種です。

続きを読む コメントを書く

●Panasonic VS2



Panasonic VS2は、バランスのとれた3バンドケータイです。

日本語のマニュアルが付いてきます。
海外ケータイをはじめてご使用になる方でも安心してお使いいただけます。

日本のケータイによく似た端末ですね。人気商品です!
シンビアンOSを搭載していたX700やX800よりも動作がすばやく、快適に操作できます。
Panasonic VS3との違いは、表面のカバーを付け替え可能か不可能かの違いだけです。
スペック的には同等ですが、海外や日本国内を比較してもこのVS2の方が人気です。

1.3MPのカメラと16000000色のディスプレーを搭載していますので、写真もきれいに表示できます。
また、赤外線通信・USBをサポートしています。

続きを読む

●NEC E1108



NEC E1108は、3バンド対応の低価格多機能カジュアルケータイです。

現在弊社で取り扱っている3バンド対応端末で一番安いものです。
auのICカードも使用できます。
アメリカやハワイでも使用できますので、おそらくユーザーのニーズに一番マッチしている端末と言えますね!

一見2バンド対応ケータイかな?と思わせるほどデザインはカジュアルですが、3バンド対応端末です。

機能的にもミドルクラスに迫るものを搭載しています。
microSDに対応している上に、1.3MPのカメラまで搭載しています。
MP3をはじめ、多数の音楽ファイルもサポートしています。
内部メモリーが28MBというところもなかなかやるなぁという感じですね。
本体カラーもはっきりとしたオレンジとグリーンで、インパクトもあります。


若者をターゲットにしている端末だと思われます。

続きを読む

●Sony Ericsson Z710




動画共有サイト「YouTube」で公開中の動画です。 記事内の記載と動画の内容は異なる場合があります。

Sony Ericsson Z710iは、デザイン面で特徴のあるビジネス仕様の4バンド対応ケータイです。

日本と韓国を除いて世界中でご使用いただけます。

特に印象的なのは、外部のセカンドディスプレーです。単色ですがとても大きいです!
また、セカンドディスプレーの横にある音楽専用ボタンもいい感じです。
音楽の操作はケータイを閉じたままでも十分快適に操作できます。

メモリースティックマイクロを採用。
2MPのカメラを搭載し、Bluetooth・赤外線通信・USBに対応!

また、ビジネス仕様としてもなかなか優れものです!
RSSリーダーを搭載していますし、ニュースや交通情報も直接端末で受け取れます。
プッシュトゥートークも搭載済みです。
さらに、ACCESSのフルブラウザ「NetFront」まで搭載!

続きを読む

●Sony Ericsson Z610




動画共有サイト「YouTube」で公開中の動画です。 記事内の記載と動画の内容は異なる場合があります。

Sony Ericsson Z610は、ボディーに特徴のあるマジックミラーケータイです。
しかも、W-CDMA対応なので日本でもご使用いただけます。

特徴的は、やはりその見た目です。
ピカピカの鏡のようなボディーは何とも独特です。
本体カラーも続々と出てきています。選べる楽しみも増えました!
しかし、この一見何も無いようなボディーですが、特殊な加工がされています。

折りたたんだときの背中部分にあるサブディスプレーに、電圧をかけると発光する有機ELディスプレーを採用しています。着信したときや、メールを受信したときに発光して発信者の情報を映し出します。

また、スタイルだけではないのがこのケータイです!
ハイエンドモデルとしての機能もしっかり備えています。
簡単にブログに写真を掲載できるソフト「Picture Blog」を搭載しています。
また、2MPのカメラ、Bluetooth・USB対応、テレビ電話機能、プッシュメール、RSSフィードと、上位モデルの基本スペックを抑えているのがいい感じです。
メモリースティックマイクロを採用していてメモリー拡張もしっかりサポート!

続きを読む

●Sony Ericsson Z558i




動画共有サイト「YouTube」で公開中の動画です。 記事内の記載と動画の内容は異なる場合があります。

Sony Ericsson Z558は、タッチパネル搭載のミドルクラスのケータイです。

3バンド対応で、ミドルクラスのケータイです。
特徴はタッチパネル対応ディスプレーを搭載している点です。

このタッチパネルには、手書き認識機能があり、付属のペンで手書き入力が出来ます。
手入力した英語や数字、中国語をケータイが認識して変換してくれます。
手書き認識機能があると、現地でのコミュニケーションで役に立つと思います。
付属のペンがストラップのようになっているので、持ち運びや使用時の取出しが便利ですし、コンパクトでかわいい感じです。

Sony Ericsson Z550をベースにしており、スペック的にはほぼ同じです。

Memory Stick Microにをサポートしていて、Bluetooth・USBに対応しています。
1.3MPのカメラとFMラジオ、RSSリーダーも搭載しています。
ミドルクラスといえどもSonyEricsson はカメラに関してはそれなりのものを搭載してきますね。

続きを読む

●Sony Ericsson Z550



Sony Ericsson Z550は、 スタイルの整ったミドルクラスのケータイです。

バランス重視のケータイですね。特に際立つ機能が搭載されているわけではありませんが、各種機能はそれなりに充実しているといえます。
メタリックなデザインも安く見えなように、丁寧に仕上げてます。
特に外部のセカンドディスプレーは、細長いフォルムにブルーのバックライトが映えてオシャレです。
操作ボタンのつくりもシンプルですが、つや消しの素材を採用するなど、上品な印象を受けます。
大人のケータイと言えるでしょう!

1.3MPのカメラも搭載でMemory Stick Micro (M2)も対応しています。
フルブラウザのNet Fontを搭載し、Bluetooth・USBもサポートしています。

続きを読む

●Sony Ericsson Z310i




動画共有サイト「YouTube」で公開中の動画です。 記事内の記載と動画の内容は異なる場合があります。

Sony Ericsson Z310iは、ミドルクラスのカジュアルケータイです。

見た目からもわかるように、機能を厳選したカジュアルケータイという印象です。
外部のセカンドディスプレーが特徴的で、様々な情報をアイコン表示で知らせてくれます。
どこかMotorolaのケータイのようなデザインをしています。

30万画素のVGAカメラを搭載しています。
カードスロットは搭載していませんが、Bluetooth・赤外線通信・USBをサポートしています。
EDGEにも対応しており、RSSリーダーまで搭載済み!
Sony Ericsson のケータイにしては力の入れどころがいつもと若干違いますね!
カジュアルですが、タフな一台です。

続きを読む

●Sony Ericsson W950i




動画共有サイト「YouTube」で公開中の動画です。 記事内の記載と動画の内容は異なる場合があります。

Sony Ericsson W950iは、W-CDMA対応の高機能ウォークマンケータイです。

特徴は、薄型のボディーと内部メモリー、独自の音楽機能です。
ボディーは、M600と同じようなデザインになっています。高機能で薄型、しかもストレートタイプです。
また、フラットな面にダイヤルキーが表記されていますが、押し込むとボタンとしての感触があります。
デザインに対するこだわりがうかがえます。
ディスプレーはタッチパネルを採用、OSにはSymbian OS v9.1, UIQ 3.0を搭載しています。
付属のペンを使って、PDAに近い快適な操作が出来ます。

メモリーカードには対応していませんが、内部メモリーが4GBもあるので、音楽を持ち運ぶには十分な容量といえるでしょう。
Bluetooth・赤外線通信・USBをサポートしています。Bluetoothは高速パケット通信であるA2DPに対応していますので、無線式のイヤホンを使えばケータイ本体を操作することなく音楽を楽しめます。

プレイリストも充実しており、アーティストやアルバム、全曲の一覧に加えて、「うれしい」「悲しい」といった気分からも選べるなど、音楽プレーヤーとしてもこだわりを見せる端末ですね。

続きを読む

●Sony Ericsson W880i




動画共有サイト「YouTube」で公開中の動画です。 記事内の記載と動画の内容は異なる場合があります。

Sony Ericsson W880iは、スリムなウォークマンケータイです。

日本国内でもご利用いただけます。

特徴は、薄さですね!わずか9.5ミリしかありません。
ウォークマンケータイはボリュームのあるタイプが主流でした。
Sony Ericsson W950のように、薄型設計をコンセプトに盛り込んでだウォークマンケータイもありますが、今回はさらに薄い!

様々な音楽ファイルに対応しており、音楽の連続再生時間は最長約20時間といわれています。
ボディーは金属素材を使用しているので、高級感があります。

Bluetooth・USBをサポートしています。Bluetoothは高速パケット通信「A2DP」に対応!
また2MPのカメラを搭載していますので、マルチメディア面でのスペックはなかなかのものです。

続きを読む コメントを書く

●Sony Ericsson W850i




動画共有サイト「YouTube」で公開中の動画です。 記事内の記載と動画の内容は異なる場合があります。

Sony Ericsson W850iは、Sony Ericsson初のスライド式新ウォークマン携帯です。

日本でもご使用いただけます。

特徴は、Sony Ericsson初のスライド式ウォークマンケータイであるということですね。
スライドさせずにボタン部分を閉まっておけば、ポータブル音楽プレーヤーのようです。
音楽専用のボタンを搭載しており、音楽モードにすばやくアクセスできます。
コントロールキーがリズムに合わせてライトアップされる「heartbeat illumination」機能を搭載しています。
また、音楽をダウンロードできる上、1GバイトのメモリースティックPRO Duoが付属!
最大で4GBまで対応しています。

機能面でも充実しています。
2MPのカメラを搭載し、Bluetooth・赤外線通信・USBをサポートしています。
RSSリーダー、FMラジオも搭載しています。

続きを読む

●Sony Ericsson W710i




動画共有サイト「YouTube」で公開中の動画です。 記事内の記載と動画の内容は異なる場合があります。

Sony Ericsson W710は、 フィットネス機能も搭載したウォークマンケータイです。
しかも、4バンド対応の高機能ケータイです!

音楽機能の特徴としては、「TrackID機能」があります。
これは、ラジオを聴いているときに気になった曲の詳細情報をデータベースから簡単に手に入れることが出来るという機能です。これがあると、気になった曲のタイトルがわからないから入手することをあきらめるといったことが無くなりますので、音楽をより身近に感じることが出来ます。
また、 BluetoothにA2DPを採用していますのでこの点からも音楽機能が優れているといえます。

フィットネスアプリケーションを搭載したスポーツモデルの音楽ケータイです。
フィットネスアプリケーションを使えば、ユーザーの走る速度・距離・時間・歩数を計ることが出来ます。
早朝や夜間のトレーニングのお供にこのケータイはいいですねー!

機能も充実しており、カメラも2MPを搭載!Bluetooth・USB・赤外線通信にも対応しています。
FMラジオにRSSリーダーまで付いてくる高機能モデルです。

続きを読む

●Sony Ericsson W610i




動画共有サイト「YouTube」で公開中の動画です。 記事内の記載と動画の内容は異なる場合があります。

Sony Ericsson W610iは、バランスのとれたミドルクラスのウォークマンケータイです。

4バンド対応ですので日本と韓国以外の国でご使用いただけます。

特徴は、ミドルクラスでバランスのとれたウォークマンケータイであること。
ハイスペックではありませんので、従来のウォークマンケータイよりお手軽感を出したかったのかなという感じのケータイです。
ケータイ電話機能と音楽機能とがバランスよく備わった感じですね。
Sony Ericssonはウォークマンブランドを低価格・ロースペック帯で開拓しようとしていますね。

200万画素のカメラを搭載しています。
Bluetooth・赤外線通信・USBをサポートし、Memory Stick Micro (M2)を採用しています。
BluetoothはA2DPを採用しています。無線で高品質の音楽を楽しめます。

続きを読む

●Sony Ericsson W200i



Sony Ericsson W200iは、お手頃価格の入門編ウォークマンケータイです。

特徴は、手頃な価格と使いやすさを重視したウォークマンケータイというコンセプトでしょう!
ウォークマンケータイは高額なものが多いのですが、低価格バージョンを投入してきました。
入門編として使いやすさを重視!音楽以外の機能を絞り込んでいます。

Memory Stick Micro (M2)を採用し、赤外線通信・USBもサポートしています。
カメラはVGAでSony Ericssonとしては控えめな感じです。FMラジオも搭載。

低価格で使いやすさを重視したモデルを好む若年層をターゲットにしたケータイですね。
ウォークマンケータイをもっと身近にする1台になると思います。

続きを読む コメントを書く

●Sony Ericsson P990




動画共有サイト「YouTube」で公開中の動画です。 記事内の記載と動画の内容は異なる場合があります。

Sony Ericsson P990は、W-CDMA対応の超高機能PDAケータイです。
Sony Ericsson M600の上位機種になります。

特徴はやはりキーボードですね。フルキーボードなので、快適な文字入力が出来ます。
さらに、タッチスクリーン対応のディスプレーを搭載していますので、付属のペンでメニュー選択や文字入力も出来ます。

また、M600では無かったカメラを搭載しているという点も特徴です。しかも2MPの高画質!
このカメラを活用する機能に 「Business Card Scanner」というものがあり、これが優れものです!
これは、名刺などをスキャンして読み込むことが出来、読み込んだ画像データを解析して、テキストなどの流用可能なデータに変換してくれる機能になります。

メモリースティックDuo PROは4GBまで対応していて大容量のデータを持ち運べます。

無線LANに対応していて、フルブラウザ「Opera 8」を搭載しています。パソコン向けWebサイトの閲覧やRSSフィードの読み込みもこれで万全ですね。

W-CDMAネットワークの利用時には、テレビ電話も利用できるようです。

続きを読む

●Sony Ericsson M600



Sony Ericsson M600は、特殊なキーボードを持つスリムなPDA携帯電話です。

多数の特徴を備えています。
まずは特殊なキーボードですが、ボタンの数が通常のキーボードより明らかに少なくなっています。
これはボタンがシーソーのような構造になっているからです。
ボタンの左側と右側を押し分けることで、別々の文字が入力できます!これはすごいアイデアです!

また、OSはSymbian 0S 9.1を搭載していて、UIQ 3.0を採用しています。
ディスプレーはタッチパネルになっていて、付属のペンを使ってディスプレー上のメニューを選択することが出来ます。

メモリースティックマイクロ (M2)に対応し、80MBの内部メモリーも標準装備しています。

ソフト面も充実しています。
マイクロソフトのWord、Excel、Powerpoinファイルを編集できるアプリケーションを搭載している他、インターネットフルブラウザの「Opera 8」も搭載しています。

カメラが付いていないのが残念ですが、これだけの機能を搭載していてスリムかつストレート型というのは他にありませんね。

デザイン面で同じ仕様になっている端末にSony Ericsson W950があり、こちらは超高機能ウォークマンケータイになっています。
PDAケータイとしてこの端末の上位モデルにSony Ericsson P990があり、こちらはカメラ搭載でキーボードがびっしりと並んでいるスーパーPDAケータイになっています。

続きを読む

●Sony Ericsson K800



Sony Ericsson K800は、サイバーショットケータイです。

日本国内でもご使用いただけます。

有効画素数は320万です!サイバーショットブランドと言われるだけあって、デジタルカメラとしての充実した機能が大きな特徴だといえます。まさにデジタルカメラケータイ!

また、Sony Ericsson 独自で開発した「BestPic」技術は、ワンシャッターで9カットの自動連写を実行して、ディスプレイ上に表示されたアイコンからベストショットを選択して保存できます。撮り逃しはこれでおさらばです。

記録メディアにはMemory Stick Micro(M2)を利用しています。主なカメラ機能は、オートフォーカス、動画撮影、キセノンフラッシュ、手ぶれ補正、赤目軽減、デジタル16倍ズームなどが挙げられます。 ダイレクトでプリントできる規格「PictBridge」もサポートされています。

Bluetooth・赤外線通信・USBをサポートしており、FMラジオも搭載しています。

続きを読む

●Sony Ericsson K618i




動画共有サイト「YouTube」で公開中の動画です。 記事内の記載と動画の内容は異なる場合があります。

Sony Ericsson K618iは、W-CDMA対応ハイエンドモデルのケータイです。
日本でもご使用いただけます。

類似商品にSony Ericsson K610iがありますが、両機種には若干の違いがあります。

K618iは、RSSリーダーを搭載していることから、K610iと比べるとビジネス仕様になっていると思います。また、K610iは、BluetoothにA2DPを採用していることから、音楽機能を強化していてカジュアルな仕様になっています。
またK618iは、2MPのカメラを搭載しています。
高性能カメラを標準搭載してくるところはSony Ericssonらしいと言えますね!

メモリースティックマイクロ、Bluetooth・USBに対応済みで拡張性もあります。

デザイン面では、K618iは丸みを帯びたパーツや素材の違う部品を組み合わせている点、またボディーの表面に斜めのラインを入れているところなどが、丁寧にデザインされていてK610iよりワンランク上のデザインといえます。

どちらも人気のハイエンドモデルです。

続きを読む

●Sony Ericsson K610i




動画共有サイト「YouTube」で公開中の動画です。 記事内の記載と動画の内容は異なる場合があります。

Sony Ericsson K610iは、格安のW-CDMA対応ケータイです。

弊社で取り扱っているW-CDMA対応ケータイ(日本・韓国を含む全世界対応端末)の中で、最も安いケータイになります。勿論、超人気機種です!
日本語簡易マニュアルが付きましたので、更に人気が増したという感じです!
本体カラーも増えてきました。

Memory Stick Microに対応しており、Bluetooth・USBをサポートしています。
Bluetoothに関しては、高速パケット通信である「A2DP」に対応しているしているので、音楽機能も充実しているといえます。

また、2MPのカメラも搭載済み!
メッセージング機能も充実しており、卒の無い仕上がりでいい感じです。
多くのお客様のニーズに対応した一台といえますね!

続きを読む コメントを書く

●Sony Ericsson K550i




動画共有サイト「YouTube」で公開中の動画です。 記事内の記載と動画の内容は異なる場合があります。

Sony Ericsson K550iは、4バンド対応のサイバーショットケータイです。

4バンド対応ですので、日本と韓国以外の国でお使いいただけます。

カメラの有効画素数は200万画素と少し控えめですが、スリムなボディーにまとめてきました。
従来のサイバーショットケータイのコンパクト版という感じです。
本体に「Cyber-shot」のロゴが入っていて、デジカメ色を前面に出しています。

Memory Stick Micro (M2)を採用し、Bluetooth・赤外線通信・USBをサポートしています。
RSSリーダー、FMラジオも搭載しています。
中堅より少し上級という感じのバランスの取れたケータイですね。

続きを読む

●Sony Ericsson K510i




動画共有サイト「YouTube」で公開中の動画です。 記事内の記載と動画の内容は異なる場合があります。

Sony Ericsson K510iは、バランスのとれた人気の3バンド対応ケータイです。

機能的には「中堅」と言ったところでしょうか。基本スペックをしっかりと抑えた感じがします。
また、アイコンが大きく見やすかったりと、まさに初心者の方にオススメの一台です。

1.3MPのカメラ搭載していて、E-mailもできます。
また、Bluetooth・USB・赤外線通信にも対応していて価格もお手頃ときています。

おいしいところをもれなく集めたケータイという感じで、人気が出るのもうなずけます。

続きを読む

●Nokia N91




動画共有サイト「YouTube」で公開中の動画です。 記事内の記載と動画の内容は異なる場合があります。

Nokia N91は、マルチメディア機能を備えたミュージックケータイです。

日本国内でもご使用いただけます。

「New」と「Next」を意味するノキアのNシリーズの中では、このN91はミュージックケータイと位置付けられています。外部メモリーには対応していませんが、4GBのハードディスクを搭載していますので十分な容量と言えるでしょう!
また、3.5ミリのヘッドフォンジャックに対応していますので、いつも使用しているヘッドフォンで音楽を楽しむことができます。
さらに、E-mailの操作やWEBの閲覧など、ムービー撮影以外のほとんどの機能を音楽を聴きながら使用できるところもポイントです!

無線LAN、Bluetooth・USBに対応しており、2MPのカメラまで搭載済みです!
OSはシンビアンを採用しており、高機能モバイルとしても十分活用できる1台です。

続きを読む

●Nokia E61




動画共有サイト「YouTube」で公開中の動画です。 記事内の記載と動画の内容は異なる場合があります。

Nokia E61は、3G(日本国内)対応のノキアのPDA型携帯電話です。海外のビジネスマンの間ではこのPDA型携帯が人気です。今まで3Gで対応したものがありませんでしたがノキアがやっと出してくれました。

日本と韓国を含む全世界で使用できますが、日本語には対応していません。
弊社で取り扱っているNokia E61は英語対応のものになります。

日本語には対応しておりませんが、大変人気のある商品ですね!
内部ソフトを使いたいがために購入を検討する方もいるほどです。

特徴は、やはりキーボードですね。
Sony Ericsson P990も折りたたみケータイですが似たようなキーボードを搭載しています。
E61はストレート型で大画面です。これだけの機能を搭載したケータイをストレート型で出すのがノキアらしいですね。 マイクロソフトのオフィスアプリケーションが使えるスマートフォンです。
カメラは搭載していませんが、miniSDカードに対応し、Bluetooth・赤外線通信・USBをサポートしています。

実物は思ったより小型です。
OSは、 Symbian OS 9.1, Series 60 UI を積んでいます。

パソコンをポケットに入れて世界中で使えるようなものです。私も欲しい・・・。

続きを読む

●Nokia 7360



Nokia 7360は、auが推奨している海外用GSMケータイです。

Nokia 7360は、ノキアのファッション・コレクションである「L'Amour Collection」のひとつです。
736*シリーズで一番売れています。女性からの評価が高いですね。

カラーバリエーションも増えてきました。
ストレートタイプのファッション・コレクション携帯になります。

デザイン面での特徴は、コレクションシリーズ専用のタグが付いていることと、独特なボディーの装飾です。また、壁紙もコレクションシリーズ仕様のものになっています。

カメラや赤外線ポート、USBポートも搭載していて、E-mailにも対応しているところはポイントですね!

続きを読む

●Nokia 6280



Noki 6280は、ミドルクラスのマルチメディアケータイです。

W-CDMA対応機種で、日本国内でもご使用いただけます。
国内でご使用いただけるNokiaの端末では一番お安いものになります。

特徴は、2MPのカメラと音楽機能です。
また、ミドルクラスの割りには高速通信にも対応しているところもポイントです。
FMラジオに対応しており、Bluetooth・赤外線通信・USBもサポートしています。
また、低価格であることも大きなポイントといえるでしょう。

ミュージックプレーヤーも搭載しており、MP3/AAC/eAAC+といった音楽ファイルをサポートしています。

miniSDも1GBのものまで対応しています。
また、テレビ電話もできます。

続きを読む

●Nokia 1600



Nokia 1600は、低価格の2バンド対応ケータイです。
Nokia 1100のひとつ上位のバージョンです。Nokia 2300の改良版でしょう。

Nokia 1600には、初心者の方でも安心して使えるようにサポートする機能が付いています。
その中でも特に注目すべき機能として、「Nokia Prepaid Tracker」という機能があります。
これは、ネットワークを通じて料金の確認が出来る機能です。

また、着信音も20和音で、MP3に対応しています。

類似商品にNokia 1110iがあります。
Nokia 1110iとの違いは、ディスプレーです。
Nokia 1600はカラーのディスプレーを搭載しています。

以上のように、Nokia 1600は、2バンドでローエンド(無駄な機能を取り除いた)モデルのなかでは上質な端末といえます。
日本でカラー液晶搭載の携帯電話が普及し始めたころの機種に似ているので、少々懐かしさを感じる端末ですね。

上の写真は「ホワイト」、下の写真は「ブラック」のものになります。

続きを読む コメントを書く

2007年05月01日

●Motorola L7




動画共有サイト「YouTube」で公開中の動画です。 記事内の記載と動画の内容は異なる場合があります。

Motorola L7は、音楽機能に特化した超薄型ケータイです。

重さはなんと96グラム!
ストレート型ケータイが好きな方は要チェックです!かなり薄いです!
ダイヤルキーボタンが出っ張っていないので、ポケットにスッと挿入できます。オシャレです。

Motorola L6のは3バンド対応でしたが、このL7は4バンド対応です。
デザインもいいし、音楽機能に特化しているところから、V3とE1を足して割ったような端末と呼べます!

写真のように金属の光沢があり高級感までにじみ出ています。しかも、かなり丈夫そうです。

microSDを採用していて、最大512MBまで対応可能です。
VGAカメラも搭載しており、ビデオ撮影も可能です。Bluetooth・USB対応です。
また、メールも充実しています。

価格もかなり安くなってきています。海外でも人気の機種です。

続きを読む

●Motorola MOTORIZR Z3




動画共有サイト「YouTube」で公開中の動画です。 記事内の記載と動画の内容は異なる場合があります。

MOTORIZRはMotorola初のGSMスライド端末。
ボタンを押すと自動的にスライドする「ワンタッチオープン式」ではなく、手で押し上げるタイプのスライド方式です。

写真は本体カラーが「ブルー」のものになります。

続きを読む

●Motorola W375




動画共有サイト「YouTube」で公開中の動画です。 記事内の記載と動画の内容は異なる場合があります。

Motorola W375は、RAZRとよく似た形状のデザインケータイです。

特徴はやはりデザインでしょう。Motorolaの人気シリーズ「RAZR」によく似ているので、ミニRAZRと呼べるでしょう。丸みを帯びた本体を見ると、きめ細かなデザインで丁寧につくられている印象を受けます。一見2バンド対応機種かと思いきや、3バンド対応です!

外部のセカンドディスプレーには、メール等外部からのアクセスがあったときにアイコン表示で知らせてくれるかわいい機能を搭載しています。また、ケータイのデータとパソコンのデータをドラッグアンドドロップで交換できるなど便利な機能も搭載してます。

VGAのカメラを搭載しています。USBもサポート済み!
さらに、FMラジオも搭載しているので、なかなかの優れものです。

続きを読む コメントを書く

●Motorola W220




動画共有サイト「YouTube」で公開中の動画です。記事内の記載と動画の内容は異なる場合があります。

Motorola W220は、2バンド対応の低価格デザインケータイです。

Motorolaが発表した、低価格の携帯電話「MOTOMOBILE」シリーズのひとつです。

電気のない地域での使用も考えて、待ち受け時間は最長2週間と言われています。
夜でも使えるランタン機能つきで、FMラジオも搭載しています。

人気のV3の普及版?のイメージでしょうか。薄型に部類されます。
類似商品にMotorola W375があります。 どちらの機種も「RAZR」とよく似ている形状をしています。
ローコスト・ローエンドモデルの中ではプレミアムな一台でしょう。

(ケータイの実際の待ち受け時間は使用方法によって異なります)
続きを読む コメントを書く

●Motorola RAZR V3xx




動画共有サイト「YouTube」で公開中の動画です。 記事内の記載と動画の内容は異なる場合があります。

MOTORAZR V3xxは、高速通信が可能なマルチメディアケータイです。

日本でもご使用いただけます。

この端末の特徴は、やはり高速通信でしょう!
通信方式にはHSDPA(High-Speed Downlink Packet Access)を採用、最高3.6Mbpsのダウンロード速度を実現しています。
日本でもHSDPAに対応した端末が少しずつ発売されてきましたが、人気薄型携帯RAZRのデザインを採用している分、この端末が一歩リードしている感じですね。

microSDカード対応。Bluetooth・USBをサポートしています。

1.3MPのカメラを搭載しており、メール機能も充実しています。

続きを読む

●Motorola RAZR V3i 【DOLCE&GABBANA】




動画共有サイト「YouTube」で公開中の動画です。 記事内の記載と動画の内容は異なる場合があります。

Motorola RAZR V3i DOLCE&GABBANAバージョンは、MotorolaとDolce & Gabbanaのコラボレーションによるブランドケータイです。

4バンド対応端末ですので世界中(日本・韓国を除く)でご使用いただけます。

特徴は、やはりデザインですね。何とも上品なゴールドですね。
特別バージョンの壁紙やスクリーンセーバーが内臓されていたり、背面のバッテリーカバーに 「DOLCE&GABBANA」のロゴが入っていたりと、ブランドケータイとしての魅力が満載です!
付属品やパッケージも特別仕様です。
もともと世界的にヒットしたV3iですので、このD&Gバージョンも人気ですね!

この端末のように、各有名ブランドがケータイメーカーとコラボレーションして新しい端末を開発していくことは今後増えていくと思われます。

日本と韓国以外の国で、電波の継ぎ目を気にすることなくご使用いただけます。

1.23MPのカメラを搭載。Bluetooth・USBをサポートしています。

microSDカードに対応しています。

続きを読む

●Motorola V191



Motorola V191は、格安4バンドケータイです。
弊社で取り扱っている4バンドケータイのなかで最も安い端末になります。

日本と韓国以外の国ヤ地域でご使用いただけます。

横長のセカンドディスプレーが特徴的です。
ボディーの色も珍しいですね。キレイですし、おしゃれな感じがします。
MP3プレーヤーも搭載しています。USBをサポートしています。

「ゴチャゴチャした機能はいらない!!中南米エリアで通話とSMSを使いたいだけなんだ!」という方にはオススメです。
下の写真は本体カラー「パープル」のものです。

続きを読む

●Motorola RAZR maxxV6



Motorola RAZR maxx V6は、高速データ通信対応のケータイです。

「maxx」はHSDPAへの対応をあらわしています。
ちなみに、HSDPAとは”High-Speed Downlink Packet Access”の略で、高速パケット通信を意味しています。パケット通信の下り最大速度は3.6Mbpsで、下手をするとパソコンでインターネットをする速度と変わらなくなります・・・。

その他に注目すべき点は、QVGA解像度のディスプレーやA2DP対応のBluetoothを搭載しているところです。A2DPは大容量パケット通信を意味しており、大容量の音楽データも無線でヘッドセットに送信できます。つまり、ワイヤレスイヤホンですね。
また、USBもサポートしており、2MPのカメラも搭載しています。

Motorola RAZR V3xxと商品の仕様的にはほとんど変わりありませんが、デザイン面で少し違いがあります。maxx V6は、表面素材にプラスチックを採用しています。V3xxの表面素材は金属なので、見た目に関してはほとんどV3と変わりはありません。

また、サブディスプレーの下には軽くタッチするだけで操作可能な音楽コントロールボタンを備えています。

続きを読む

●Motorola MOTOFONE F3




動画共有サイト「YouTube」で公開中の動画です。記事内の記載と動画の内容は異なる場合があります。

Motorola MOTOFONE F3は、電子ペーパーを採用した超薄型のローエンドケータイです。

特徴は、薄型のボディーと電子ペーパーを採用したディスプレーです。
このMOTOFONE F3は、薄さ9ミリしかなく、同社の端末では最も薄いものになります。

また、電子ペーパーを採用したディスプレーは、消費電力が少なく視認性も高い特徴を持っています。
塵やホコリにも強いです!

アイコンと画像を多用したデザインを採用しているので、初心者の方にも使いやすい端末といえますね。

主な機能はSMSと通話のみで、幅広い購入者層を視野に入れており、価格帯や製品区分、市場の違いを乗り越えて受け入れられる携帯電話を目指しているようです。

新しい発想でつくられたローエンドモデルのケータイですね。人気が出そうです!

続きを読む コメントを書く

●Motorola KRZR K1




動画共有サイト「YouTube」で公開中の動画です。 記事内の記載と動画の内容は異なる場合があります。

Motorola KRZR K1は、V3系の新型折りたたみ携帯です。
4バンド対応で電波の継ぎ目を意識することなく世界中で通信できます。

とにかくデザインが斬新です!V3系ですが、横幅はV3の3分の2ほどしかありません。
この細さが何ともオシャレで、上品な雰囲気を出しています。
光沢のあるボディーもポイントです!

Bluetooth・USBに対応!microSDカードもサポートしています。
2MPのカメラを搭載しているところはポイントですね。

本体カラーも続々出てきています。ブルーが主流でしたが、シルバーやブラックも登場してきました。

一見、男性向けの機種に見受けられますが、細長いことや、折りたたむとコンパクトにまとまるところから、 女性にも人気が出そうな機種だと思います。

続きを読む コメントを書く

●Motorola C113




動画共有サイト「YouTube」で公開中の動画です。記事内の記載と動画の内容は異なる場合があります。

Motorola C113は、弊社で販売している最も安いケータイです。
人気機種のひとつです。

特徴は、低価格であることです。
写真からもわかるように、すごくシンプルです。
端末自体も小柄でコンパクトです。
通話とSMSのみご使用であればこの端末は最も適しているといえるでしょう。

メニュー画面もシンプルで、日本語の簡易マニュアルが付いていますので、初めてお使いになる場合オススメできる一台です。

上級モデルにMotorola C139がございますが、コチラはディスプレーがカラー液晶になっています。

続きを読む コメントを書く

●Sony Ericsson W810




動画共有サイト「YouTube」で公開中の動画です。 記事内の記載と動画の内容は異なる場合があります。

Sony Ericsson W810は、4バンド対応のウォークマンケータイです。

この端末は、Sony Ericssonの4バンド対応ケータイの中で唯一のストレートケータイです。
また、コンパクトでありながら、高機能なところもポイントです。

このケータイはカメラも充実しています。
2MPのカメラを搭載し、フラッシュ、オートフォーカスにも対応しています。

メモリーカードは、Memory Stick Duo Proを採用しており、最大2GBまで対応しています。
音楽ファイルは勿論、大容量の画像データも余裕を持ってストックできます。

Bluetooth・USB・赤外線通信に対応!FMラジオもついてます。

W800の4バンドバージョンですね。デザインも新しくなっています。

続きを読む

●Motorola A1200




動画共有サイト「YouTube」で公開中の動画です。 記事内の記載と動画の内容は異なる場合があります。

Motorola A1200は、4バンド対応Linuxベースのエンターテイメントケータイです。

4バンド対応なので、日本と韓国を除く全世界でご使用いただけます。

特徴は、やはり独特のデザインでしょう。
タッチスクリーンを搭載しており、ほぼ全ての操作をタッチパネル上で行います。
タッチスクリーンですので、ケータイというより操作性はPDAに近いかもしれません。
折りたたみ式で外観も変わってます。
透明カバーが付いているのはこのケータイぐらいかな??

面白い機能もついてます。
「Business card reader」は、名刺をスキャンする機能で、名刺の管理や活用に役立ちそうです。
ビジネス仕様になっているところもPDAっぽいですね。

機能的にも充実しています。
2MPのカメラを搭載し、Bluetooth・USBもサポートしています。
FMラジオも搭載しており、メモリーカードもmicroSDに対応しています。
メッセージ機能も充実しているハイエンドモデルですね。

続きを読む

●Motorola RAZR V3




動画共有サイト「YouTube」で公開中の動画です。 記事内の記載と動画の内容は異なる場合があります。

Motorola RAZR V3は、薄型の超人気デザインケータイです。

海外で相当な人気です。カラーバリエーションも後から増えてきてます。
日本国内でも話題の「FOMA M702is」の海外モデルということもあり、最近人気が急上昇中です!
4バンド対応ケータイなので、日本と韓国以外の国や地域でご使用いただけます。

アメリカの世界第二位の携帯電話メーカー、モトローラ社の高級携帯電話です。モトローラはコストパフォーマンスの高い携帯電話を安価に提供するのが得意なメーカーですが珍しく高級携帯電話でうって来ました。

Bluetooth・USBをサポートしており、30万画素のカメラも搭載しています。
薄型ですが機能的にもそれなりに充実しています。

上の左側の写真はセレブ御用達のピンクバージョンです。右は「ブルー」。
下の左は「シルバー」で右が「ブラック」です。
ファッション雑誌にも取り上げられる携帯電話です。

続きを読む コメントを書く

●Nokia N93i




動画共有サイト「YouTube」で公開中の動画です。 記事内の記載と動画の内容は異なる場合があります。

Nokia N93iは、動画撮影に特化したビデオケータイです。

Nokia N93の後継機です。N93よりも若干スリムになっているようです。
操作盤のボタンもフラットになっており、”N93の見た目を整えた”という感じがします。
カラーも一新してきてオシャレですね~。
ターゲット層の開拓を狙っているのかもしれません・・・。

この端末の特徴は、やはり動画撮影機能です。
DVDレベルの高画質の動画を長時間撮影できるようになっています。
ディスプレーも従来機のN93よりも高画質になっています。

もうひとつの特徴としては、Movable TypeでおなじみのSix Apartが提供する無料の簡易ブログ「Vox」を標準装備していることです。
「Vox」は従来のブログ機能に加えて、動画のアップも簡単に出来るうえ、プライバシーの管理も充実しています。動画ファイルの共有サービスをケータイで楽しむならこの端末で決まりです!

3.2MPのカメラを搭載し、Bluetooth・赤外線通信・USBをサポートしています。
さらに無線LAN、miniSDにも対応しています。

続きを読む

●Nokia N80




動画共有サイト「YouTube」で公開中の動画です。 記事内の記載と動画の内容は異なる場合があります。

Nokia N80は、 超ハイエンドモデルのマルチメディアケータイです。

日本語モデルとInternet Editionがあります。
インターネット・エディションは、Yahoo! Searchや、写真共有サービスのFlickrなどのインターネットサービスを直接利用できる端末です。
また、無線LANを使って、インターネット電話も利用できます。
Nokia は、静的なWEBページの閲覧から、コミュニティーの参加まで、インターネットサービスを享受するための端末としてケータイ電話を重要視しているようです。

日本国内でもご使用いただけます。

このケータイの大きな特徴である「UPnP」とは、家庭内のパソコンや周辺機器等をネットワークを通じて接続し、相互に機能を提供しあうための技術仕様のことです。
この技術を活用すると、家庭内の無線ネットワークに接続されたPCやオーディオ、テレビなどと動画、静止画、音楽などを共有することができるようです。

また、「Mini Map」対応のWebブラウザ「Nokia Web Browser」も搭載しています。
このブラウザが優れものです!
「Mini Map」機能の特徴は、Webページを縮小して全体表示してくれる上に、半透明表示して現在画面に表示されている部分を教えてくれる機能です。

電波帯域がUMTS /GSM850 / GSM900 / GSM1800 / GSM1900と全世界に対応しています。
ディスプレーも通常のサイズより少し大きめの設計になっています。
さらに、3.2MPのカメラを搭載し、Bluetooth・赤外線通信・USBにも対応!
OSもSymbian OSSeries 60 UIを採用しています。
miniSDカードも最大2GBまで対応!

続きを読む

●Nokia N73 Music Edition




動画共有サイト「YouTube」で公開中の動画です。 記事内の記載と動画の内容は異なる場合があります。

Nokia N73 Music Editionは、Nokia N73の音楽強化版のミュージックケータイです。

日本でもご使用いただけます。

ブラックボディーのスペシャルバージョンとなる「Music Edition」、そのN73バージョンです。
2GBのminiSDカードが標準で付いてきます。この2GBのメモリーカードが付属しているところがポイントですね。通常のメモリーカードでも2GBとなるとそれなりの値段がしますが、これは標準で付属しているのでうれしい限りです!

このケータイの特徴はブラックのボディーですね。
ボディーが真っ黒になっただけですが、プレミアムな雰囲気が漂っています。
Music Editionではない通常のN73でも相当人気がありますので、「Music Edition」は今後長期的に売れる商品になると思います。

また、カメラも忘れてはいけません。3.15MPのカメラを搭載しています。
音楽と写真画像の両方で高品質なものを提供してくれるプレミアム機といえるでしょう!

続きを読む

●Nokia N73




動画共有サイト「YouTube」で公開中の動画です。 記事内の記載と動画の内容は異なる場合があります。

Nokia N73は、カメラ機能が優れているハイエンドスマートフォンです。

現在ソフトバンクから出ている「705NK」の海外版です。
日本を含む全世界でご使用いただけます。
決して安いとはいえない端末ですが、長期に渡って人気のある機種です。
落ち着いたカラーでバリエーションも多く、選ぶ楽しみも増えました。
ちなみに、「ホワイト&ピンク」はバレンタイン限定モデルのようです。

特徴は、カメラの性能とその周辺機能です。
3.2MPのカメラは解像度だけではなく、レンズもカール・ツァイスのものを使用しています。
オートフォーカス機能つきです!また、レビューボタンを装備しており、直前に撮影した写真を確認することもできます。ここまでくると、既存のデジカメとほとんど操作性は変わりません。

miniSDカードを採用。Bluetooth・赤外線通信・USBに対応しており、無線通信で写真データをプリンタに送って印刷することも可能です。

マイクロソフトのWord、Excel、PowerPoint形式のファイル、PDFファイルの閲覧も出来ます。

また、Nokia のNシリーズは、写真共有サービス「Flickr」との連携ができるところもポイントです。
専用のソフトを使うと、撮影した写真をすぐにFlickrの自分のサイトにアップロードできます。

■ Flickrとは・・・?
デジタルカメラなどによる写真を共有するコミュニティサイトのこと。

続きを読む コメントを書く