海外携帯電話とSIMカード  
海外携帯電話とSIMカードのポータルサイト

2007年06月21日

●国際ローミングについて





今回は日本国内の携帯電話を使用した『国際ローミング』サービスについて。
日本国内の各キャリアがテレビCMしているように、日本国内で使っている携帯を現地に持って行っても

*国内と同じ電話番号メールアドレスが海外でも利用できる*

という便利なサービスです。

この国際ローミングを利用するには、携帯電話やインターネット接続サービスにおいて、まずローミング (roaming)が必要です。

契約するサービスエリア外の国内他地域(または他国)に端末を持ち込んでも、基本的には契約地域と同様に利用できる(ただし、ローミング提携事業者のエリア内に限る)。

持ち込んだ先が、他国である場合を、特に「国際ローミング」と呼ぶのです。
端末には「Rm」と表示される場合が多いです。

ただし、渡航先で海外通信事業者のネットワークを利用するのですが、全て日本の基地経由で課金されるので、料金は必然的に高額となるのです。

国際ローミングのメリット/デメリット

■ メリット
  • 国内の電話番号やメールアドレスがそのまま使える。
  • 現地の事業者の設備を使ってローミングサービスを受けられる。
  • 支払いは国内で後払い(日本での通話料金と合算して請求される)
  • 国際電話はもちろん、日本との通話も可能。
  • 料金後払い。

yajirushi.jpg
■ デメリット
  • 料金が高額である。(日本基地経由の為、日本への国際電話以上の金額になる)
  • 帰国してから請求が来る。
  • 電波が不安定なので、途切れやすい。
  • 着信料も高額
  • 対応機種が少ない。


こうして書くと気になるのが、やっぱり通話料金でしょうか。
次回その具体例をあげて、海外ケータイを使用した場合と比較してみたいと思います。

by KM

詳しい用語の説明は、ページ左側、
最下段の「関連用語」をご利用下さい。

当HPの内容は製品の内容を保障するものでありません。
内容物・色等は実際に発売されている商品と違う場合があります。
疑問等は直接販売店までお問い合わせ下さい

また生産時期、生産国、販売地域によって内容がことなる場合がございます。各携帯に関する性能の確認は各メーカーサイトをご確認下さい。

コメント

私の場合は海外ではDocomo M702isを日本へのメール送受信用、Motorola RAZR V3を通話用として使用しています。日本語のメールはいいですね。(送信しても受信しても1回50円)
ちなみにフィリピンに滞在する際はGlobeというキャリアを使っていますが、レートは次の通りです。(1分間)
Globe to Globe P6.50
Globe to Other networks P7.50
Globe to landline P7.50
International Direct Dial US$ 0.40
(2007年8月現在)

Docomo M702isのローミング状態はSmartになったりBiglobeになったりしています。
感覚的にはSmartになっている時間が多いです。

コメントを書く

感想、活用事例など自由に書き込んで下さい。どなたでも書き込みOKです!! 宣伝や価格の書き込み、誹謗・中傷はご遠慮下さい。(予告なく改変、削除いたします) 全ての書込みは、その行為により著作権が当管理者に無償譲渡に同意したものとみなします。