海外携帯電話とSIMカード  
海外携帯電話とSIMカードのポータルサイト

2007年07月27日

●W-CDMA(Wideband CDMA)



logo3.jpg

NTTドコモとノキア、ソニーエリクソンなど欧州の携帯電話機器メーカーにより
共同開発された第3世代携帯電話(3G)の通信方式のことです。

採用国は、日本をはじめ、スペイン・シンガポール・韓国・香港・台湾・イギリス・フランス・イタリア・ポルトガル・アメリカなどです。*


3Gまたは、UMTS(Universal Mobile Telecommunications System)
とも呼ばれることもあるこの方式の大きな特徴は、
GSM圏・W-CDMA圏のどちらでも使用できることです。

この方式の利用方法は手動or自動を選択切り替えが可能で、多国(*上記参照)で使用できるので、
ワールドワイドと言えます。

なお、購入する際の注意点として、
日本で「3G携帯」を使用する場合、UMTS規格に対応している仕様端末が必要となります。


ちなみに日本国内では、「NTTドコモ」の第3世代携帯電話 FOMA「ソフトバンク」SoftBank 3Gがこの方式を採用しています。
伝送能力があり、動画・音声によるリアルタイムの通信が可能なので、TVコールや高速データ通信にも適しています。

関連記事
“GSM”ってなんだろう?
2バンド携帯、3バンド携帯とは?

詳しい用語の説明は、ページ左側、
最下段の「関連用語」をご利用下さい。

当HPの内容は製品の内容を保障するものでありません。
内容物・色等は実際に発売されている商品と違う場合があります。
疑問等は直接販売店までお問い合わせ下さい

また生産時期、生産国、販売地域によって内容がことなる場合がございます。各携帯に関する性能の確認は各メーカーサイトをご確認下さい。