海外携帯電話とSIMカード  
海外携帯電話とSIMカードのポータルサイト

2007年08月13日

●「PINロックとPUK」


国際ローミングに対応している日本の携帯電話が増えており、海外で携帯電話を利用する人が増えています。
その反面、現地で盗難や紛失の件数も増えています。
そこで、PINコードという「暗証番号」の設定とPINを使用する際に必要となる用語について説明します。

●PIN(Personal Identity Number)コード
PINとは…SIMやUSIMカード用の4桁の暗証番号です。
この暗証番号を使って不正利用されないように、携帯電話本体のPIN設定をOnにして暗証番号を有効に使いましょう。

<設定方法>
PINコードを毎回入力必要とする設定を、Onにしておく。

→電源を入れる度に、4ケタの暗証番号の入力が必要
→紛失時に電源を切った状態であれば、PINコードを知る人で無いと使用できない。

※PINは好きな4ケタの数字にいつでも変更できます。
出荷時のPINコードは分かりやすい数字のため、安易に識別されないように暗証番号を変更しておくと良いでしょう。

 

●PIN blocked(PINロック)
PINコードを3回間違えると、「PIN bolcked」 と画面に表示されます。
PINロックを解除するためには、PUK(Personal Unlock Key)が必要です。
PUKとは…契約or購入したSIMカードに記載されているまたは、通信事業者から提供される8桁のロック解除コードです。

 

▼もしも、PUKを10回間違えると…

PUKコードを、10回誤って入力するとSIMカードが無効となってしまい、SIMカードが利用できなくなります。
電話機をSIMカードの販売会社へ持参するか、携帯電話番号は変わりますが、SIMカードを再度購入するしかありませんので、注意しましょう。

 

PIN、PUK共にSIMカードを購入した際に支給(カードの裏面の場合も多い)されるので、ご利用の際に確認しておきましょう。
自分のPINコードを旅先で忘れてしまうと、購入した電話機の販売会社へ問い合わせが必要となり、本人確認が必要な場合もあり、大変面倒ですので、きちんとメモしておきましょう。

日本で使用中に、携帯電話のロック機能の設定をしていない人も多いと思いますが、海外に持っていく場合は、紛失時の連絡や対処方法を考えても、暗証番号を設定しておく方がより安全と言えるでしょう。万一紛失や盗難にあっても慌てないで済むように、自己防衛しましょう。

詳しい用語の説明は、ページ左側、
最下段の「関連用語」をご利用下さい。

当HPの内容は製品の内容を保障するものでありません。
内容物・色等は実際に発売されている商品と違う場合があります。
疑問等は直接販売店までお問い合わせ下さい

また生産時期、生産国、販売地域によって内容がことなる場合がございます。各携帯に関する性能の確認は各メーカーサイトをご確認下さい。

コメント

ベルギーでNOKIAの携帯を購入し、設定しようとしましたが、PIN番号を聞かれます。説明書がフランス語とオランダ語のため、よくわかりません。どこに書いているか教えていたいただけませんでしょうか?

>hideさんへ

PIN番号はSIMカードの説明書に記載されていると思うのですが、文字が分からなければ・・・?

どうしましょ?

購入された会社にTELされてはどうでしょうか?
サポートダイヤルなら英語が通じる場合が多いです。

英語なら何とかなりませんか(汗)

6月に南アフリカに行く予定のサポーターです。
今まで海外では国際ローミングの使用でしたが、帰国してみると料金がバカ高いので今回はシムフリー携帯を用意するつもりです。
そんな折、チケット確認書と同封でMTNという会社のシムカードが送られてきました。
現地で使用すると安いのは理解できましたが、activateとかchargeとかよくわかりません。どなたかご説明頂けませんか?
ちなみにデフォルトPINコードが00000#で
カードがロックされたらPUKってコードを打ち込むくらいしかわかりません。(笑)

>JAPAN BLUE 12 さんへ

右のナビゲーション「メニュー」内の「初めての海外携帯」を上から順番に読んでみてください。

コメントを書く

感想、活用事例など自由に書き込んで下さい。どなたでも書き込みOKです!! 宣伝や価格の書き込み、誹謗・中傷はご遠慮下さい。(予告なく改変、削除いたします) 全ての書込みは、その行為により著作権が当管理者に無償譲渡に同意したものとみなします。