海外携帯電話とSIMカード  
海外携帯電話とSIMカードのポータルサイト

2007年08月06日

●プリペイドSIMカードのリチャージ


リチャージ!(残高加算)して、プリペイドSIMを使いこなそう!
プリペイドSIMを使っていて、必要になってくるのがリチャージです。


リチャージカード 表面



各国色々な柄があります。タイの1-2callはプーさんでもたくさん種類があります。
日本のテレフォンカードのような質感で、このタイプのカードの国も多いです。


リチャージカード 裏面

recharge_ura.jpg

スクラッチ式が多い。
上のタイのカードを裏返した状態です。
黒い部分をスクラッチすると数字が現れます。


決まった金額のプリペイドSIMを買って、残高がゼロになり、使い切ってしまう前に、
残高を増やすこと 

リチャージと言います。

リチャージすると、
有効期限の延長ができる! & 残高が増やせる!

このメリットの共通点は、
必要な金額同じ携帯番号長く使えることです。
 

初期残高が、ごく小額のプリペイドSIMもあるので、期限や残高が無くなる前に
早めのリチャージがお勧めです。
有効期限が切れるとリチャージできません!!

リチャージ方法

rec_01.jpgベトナムの「Mobi4U」リチャージカード

表面

左は10万ドン分のリチャージカード
他国とは異なり、紙でできていて、ペラペラです。
他に、20万ドン、30万ドン、50万ドンが 販売されています。


rec_01.jpg 裏面にスクラッチ部分があります。
ベトナムのSIMカードは使い始めると、毎日2000ドン引かれてしまいます。

国内通話は850円/秒です。


リチャージ方法をいくつか紹介します。カードによりリチャージの方法は異なりますので、
各SIMカードの販売会社にご確認ください。

★タイのSIMカード「AIS 1-2-call」のリチャージ★

最少額は50
バーツからで、最大300バーツまで加算できます。
*120*[リチャージカードの番号]#で発信

残高を確認する

*121#で発信

リチャージ方法の例
例)自分の電話でリチャージする
1.銀色の部分を削ると、数字が出てきます。
2.リチャージする携帯の電話番号、スクラッチした数字の全桁を入力し、発信する。
リチャージ完了

例)ホームページからリチャージする

1.SIMカード会社のホームページに接続する
2.リチャージの画面へ進む
3.SIMカードの電話番号を入力
4.SIM購入時のパッケージなどに記載された暗証番号(PINなど)を入力
3.支払い方法(カード払いやATM入金など)を選択し、入力する
リチャージ完了

例)お店の人にリチャージを依頼する

リチャージカードを買ったお店の人にリチャージを頼む
現地の携帯ショップやコンビニなどで購入し、店員さんにお願いすれば、
リチャージをしてくれます。(※ただし、手数料を取られる場合があるかもしれません)

短期滞在なら最小限の利用額を選んで購入できる。
追加で課金されることも無いので、小額利用にお勧め。
万一の盗難被害も最小限で安心。
長期であれば、1枚のリチャージ可能なプリペイドSIMを購入、
残高が無くなる前に追加加算(リチャージ)する。
リチャージすると有効期限も延長できるので同じ電話番号を長期で使用できます。
購入場所通信サービス提供会社、携帯ショップ、空港、郵便局、コンビニなど

携帯電話番号について
残高が無くなったからと、新たにプリペイドSIMを購入すると
SIMカードごとに電話番号が配布されるので、SIMカードが変わると電話番号も変わってしまいますので注意してください。

長期で同じ国に滞在し、同じ電話番号(※電話番号は国ごとに変わります。)を利用したい場合、必要に応じてリチャージしながら使う方法がお勧めです。

詳しい用語の説明は、ページ左側、
最下段の「関連用語」をご利用下さい。

当HPの内容は製品の内容を保障するものでありません。
内容物・色等は実際に発売されている商品と違う場合があります。
疑問等は直接販売店までお問い合わせ下さい

また生産時期、生産国、販売地域によって内容がことなる場合がございます。各携帯に関する性能の確認は各メーカーサイトをご確認下さい。