海外携帯電話とSIMカード  
海外携帯電話とSIMカードのポータルサイト

2007年10月26日

●海外で活用したい便利なケータイ



river1.jpg

日本国内で日常生活の中で携帯電話は当たり前のように利用しています。
あらゆる連絡方法として、「ケータイ」は不可欠なものです。
誰かに連絡先を伝える時、固定の電話番号より外出中や移動中であっても連絡の付きやすい、「ケータイの番号」を伝えませんか?


海外でも同じように、連絡の付く「ケータイ」番号があればとても便利です。
何か困った時ほど「ケータイ」の必要があるのは、海外でもまったく同じです。

たとえば、こんな時
●空港の到着ロビーで
お迎えの人が来ているはず、、、でも、飛行機が2時間も遅れてしまった

●留学中
銀行や旅行会社から電話を受けたい、、、でもステイ中の部屋に電話は無い

●出張先で
電車が遅れていて約束に間に合わない、、、公衆電話は長蛇の列

こんな時、海外ですぐにつながる携帯電話を持っていれば、、、

●空港に着いてすぐに使える。
●携帯できるので、緊急電話を逃しません。
●場所を選ばず、自分専用の番号が使える。


場所を選ばずに、直接連絡の取れるケータイがあれば、心理的にも安心できるでしょう。
より安心感があれば、海外での生活をより楽しむことができるでしょう。


一方発信する側だけの問題ではありません。かける相手にとっても国際ローミングより、
手軽でかけやすいのです。→国際ローミングについては、こちらを参照してください。


実際に海外ケータイを使うには「レンタル」と「購入」、二つの方法があります。

レンタル
レンタル料金が日数によって異なり、長期滞在や帰国日が未定の場合は日割りで計算される事もあるので、1ヶ月以上の滞在であれば、何も通話利用しなくとも、レンタル料金が数万円になります。
また、同じ国に日本と何度も行ったり来たりする場合は毎回契約をして、同じ電話番号を使用することは出来ないので、現地でのアナウンスも面倒です。


GSM携帯購入
レンタル料金がかからない分、初期投資として端末の購入金額が必要ですが、長期や繰り返し渡航予定がある場合、レンタル料金よりも大幅に安くなります。
また、同じ電話番号の使用可能で、電話帳などの必要な情報は登録しておけば良いのです。

通話にはケータイ端末と同時に必要なSIMカードも必要です。
ただし、プリペイドSIMであれば必要額面のものを購入するだけで良いので、低額から利用でき、リチャージすれば繰り返し同じ電話番号を使えるのです。


関連記事
プリペイドSIMカード

詳しい用語の説明は、ページ左側、
最下段の「関連用語」をご利用下さい。

当HPの内容は製品の内容を保障するものでありません。
内容物・色等は実際に発売されている商品と違う場合があります。
疑問等は直接販売店までお問い合わせ下さい

また生産時期、生産国、販売地域によって内容がことなる場合がございます。各携帯に関する性能の確認は各メーカーサイトをご確認下さい。

コメント

よく海外に出張で行くことがあるので、本体を購入するほうがいいかと考えているんですが、金額面以外での違いってあるんでしょうか?

コメントを書く

感想、活用事例など自由に書き込んで下さい。どなたでも書き込みOKです!! 宣伝や価格の書き込み、誹謗・中傷はご遠慮下さい。(予告なく改変、削除いたします) 全ての書込みは、その行為により著作権が当管理者に無償譲渡に同意したものとみなします。